レポート20 師走

平成25年12月30日

2013年の瀬です。ドミニカ共和国で迎える最後のクリスマス&年越しです。1年経つのがあっという間に感じます。

配属先では今年はクラブを貸し切ってのクリスマス会が開催されました。朝は通常通り仕事が始まり10時で終了。片づけて移動して、昼前からクリスマス会が開始して7時間ぶっ通し。飲んで食べて踊ってで、さすがに疲れました(^^;) でも任期中最後のクリスマス会は、昨年とは違って顔見知りも増えていたので楽しいものでした。80歳を軽く超えてる会長や、車椅子のスタッフが同僚と一緒に踊ってる姿は、見ていてとてもイイものでした。本当に踊ることが好きな国民です。

 

ドミニカ共和国は野球が人気があります。今年のWorld Baseball Classicの優勝国ですからね。近年、大リーグ各球団施設も多く建設されており、多くの若者がプロ選手を夢見て頑張っているそうです。現在、ドミニカ共和国ではウインターリーグの真っ最中。近年はここで活躍して日本のスカウトの目に留まり、日本の球団に所属して好成績を残す選手も増えています。そして逆に毎年日本から武者修行に来る選手もいます。今年はsoftbank Howksから岩崎選手が参加しています。僕は今シーズン岩崎選手の所属しているAguilas Cibaenas戦を2試合観戦に行きましたが、残念ながら出場している試合を観戦することは出来ませんでした。

 

またドミニカ共和国には広島東洋カープのアカデミーがあり、日本からスタッフが来て働いています。他にも商社で働く人、個人的にドミニカ共和国に来て頑張っている人もいます。そして何より、ドミニカ共和国には移住し頑張ってきて日本人という基盤を築いてきてくれた日系移民の方々もいます。

 

日本とは地球の真裏にある小さな国ですが、多くの日本人がいろんな分野で頑張っています。僕も残り任期の9ヶ月間、悔いのないように頑張っていきたいと思います。